相続について

INHERITANCE

相続の流れ

相続の流れ

相続では期日までに行わなければならないことが多数あります。
提出しなければならない書類や、申請事項をご説明します。

相続後の手続き一覧

相続後の手続き一覧

相続後、各種官公庁や、民間の機関においてにて行わなければならない重要な事項を掲載しています。

生前対策

急な相続は大切な家族を混乱に陥れてしまう恐れがあります。
残される家族が円満な生活を続けられるよう、今からきちんと準備を始められては如何でしょうか。こちらではそのための相続の生前対策についてご説明いたします。

遺言書

「遺言書」とは相続人を無用な争いに巻き込まないため、あなたの想いを書面に残したものです。
相続問題で一番多いのは間違いなく相続人同士の争い(争続)であり、これは相続財産の多寡に関わらず誰にでも起こりうる問題です。しかし、「お亡くなりになった方の意思がはっきり残されている」場合は争いが起こる可能性はグンと減ります。

相続人

民法では相続が発生した場合に、どのような人が相続人になるのか(法定相続人)とその人がどれくらいの割合で相続するのか(法定相続分)について規定しています。
ただし、これは遺言書がない場合であって、遺言書がある場合には指定されている人(受遺者)や遺産の配分方法が優先されます。

遺産分割協議

相続人全員で遺産をどのように分配するか話し合うことを遺産分割協議といいます。
遺言書がある場合はその指定(指定分割)に従いますが、遺言がない場合は相続人全員で協議(協議分割)する事ととなります。

贈与税

生前に財産を贈与するとその分将来の相続財産は減少します。そうすると政府の相続税収も縮小する事となるため、政府は贈与により減少するであろう相続税を補完する必要性から、その贈与に対して贈与税を課しています。